So-net無料ブログ作成

25000円で浴室リフレッシュ その1 [Kelog]

新築から16年を経過してコーキングに食い込んだカビが気になってきていた浴室&洗面台を低コストでリフレッシュ。

◎メニュー
1.コーキング打ち換え
2.ドア後付けビート交換
3.ブラインド交換
4.浴槽フタ交換
5.シャワーホース&ヘッド交換
6.換気扇クリーニング
7.洗面台スイッチ銘版交換

◎コスト¥25423
1.コーキング¥1940
(コーキング¥680×2本、バックアップ材¥580)
2.ドア後付けビート¥2335
3.ブラインド¥9180
4.浴槽フタ¥4980
5.シャワーホース・ヘッド&フック¥5238
6.換気扇クリーニング ¥0
7.洗面台スイッチ銘版¥1750
EV49116 ボンドシリコンコーク 防かび剤入 330ml 白

EV49116 ボンドシリコンコーク 防かび剤入 330ml 白

  • 出版社/メーカー: イデカ
  • メディア: その他

1.コーキング打ち換え


古いコーキングをカッターを使って切り出して除去。コーキングのフチに沿って一発で切れ込みを入れるのがポイント。何度も刃を入れるとコーキングが薄く切れてしまい、取り出し時に面倒くさい。



シリコンのスクレーパーでカスを取り除き、大きな隙間にバックアップ材を詰め込む。



エレクトリッククリーナーで脱脂をしてマスキング。



コーキングガンで充填&ヘラで成形しマスキングを剥がす、という工程で1個所ずつ進めるのが吉。素人のためヘラでの成形が下手なものだから無駄に時間がかかってしまい、一気に数ヶ所充填してしまうと最初の部分が滑らかに仕上がらないから(笑)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。